バイポーラ鑷子(外科手術)、脳神経外科手術器械、スーパーバイパス LOGO 06 バイポーラ鑷子(外科手術)、脳神経外科手術器械、スーパーバイパス LOGO 07

バイポーラ鑷子(外科手術)、スーパーバイパス、脳外科手術器械

企業理念
PHILOSOPHY

私たちのプロダクトで
リスクを伴う外科手術の安全性を高め、
外科医と患者の負担を減らす。
世界中の人々の豊かな暮らしの一助になる。

手術室 風景1
  • 手術室 風景2 バイポーラ
  • 手術室 風景3 サクションイリゲーション

手術室から、学ぶ。

術具や医療機器は、いかにして開発されるのか。それは世の中のあらゆるプロダクトと同じ。ユーザーと対話し、どう使われるのかを観察し、そのフィードバックで磨かれていく。ただ、そのためには、医師との信頼関係を築かなければならない。本来、密室である手術室。手術の立会いを初めて許された時の緊張感を忘れてはいけない。

製造 風景 バイポーラ、脳神経外科手術器械1
  • 製造 風景 サクションイリゲーション、脳神経外科手術器械2
  • 製造 風景 脳神経外科手術器械3

開発と生産は、絶対に分けない。

加工を理解していない、工作機の刃物が使えない開発者は高山にはいません。工作機の前に立ち続けてこそ、最新の加工技術をプロダクトに反映できる。だから、あえて開発部を置かず、プロダクトラインで発想する。発想する人と作る人は、別人になってはいけない。

製造 風景 バイポーラ、脳神経外科手術器械4
  • 製造 風景 ハサミ、脳神経外科手術器械5
  • 製造 風景 ハサミ、脳神経外科手術器械6

手作業は、なくならない。

汎用工作機から、超ハイエンド工作機の一連のプロダクトラインを構築した今も、高山では、手作業の習得からキャリアを始めます。手作業ができないエンジニアは、どんな素晴らしい工作機があったとしても工作機の能力を100%引き出せないから。プロダクトラインを高いレベルに保つために、手作業の理解は不可欠なのです。

開発の想い

医師との開発はもちろん、国内外の大手医療機器メーカーからの依頼にも応えています。
それらの難易度の高い依頼と、日夜、向き合っていく中で、
新たな加工技術を生み出し、蓄えてきました。
その加工技術で、新しい医療機器を通じ、高度医療に貢献していきます。

製造 操作、脳神経外科手術器械7

ニーズを見極め、
社内でのアイデアをカタチにする

製造部 中村

各領域で活躍する医師の先生方や、顧客から求められるニーズを見極め、社内でアイデアを出し具現化しています。
必要があれば、医療の現場や顧客へ訪問し、欲しい器具に何を求められているかを見つけ出します。スピード感が求められる現代で、求められるニーズに対し、迅速にアイデアを生み出し、カタチに出来るのが強みです。

製造 操作、脳神経外科手術器械8

医師のイメージを具現化する

製造部 神山

医師や顧客が要求するイメージを具現化し、培った技術力とノウハウでよりよい製品を提供します。
医師や顧客と対話を重ねて、本当に求められるニーズに迅速かつ柔軟に対応出来る事、現状維持ではなく、日々邁進し技術力を向上する意欲が弊社の強みです。